データ整理してたら、一昨年描いたイメージパースが出てきたので、今日はソレの話。
(もうこの画像、出しても大丈夫やろ。)
…長いですよ。





以前のコラムにも少し書いた、『PIGI』という大型映像を投影する機材があります。
B'zをはじめ、MISIAやCHAGE&ASKA、SMAPや嵐などのジャニーズ等々、いわゆる大物アーティストの大規模コンサートで使われたり、オリンピックの開会式や閉会式、TDLのナイトショー(シンデレラ城の前で毎晩やるアレ)やシルク・ド・ソレイユなんかでも使われている特殊な機材です。

その『PIGI』の映像素材を創ったり、演出構成をしたりする仕事もやるんですが、この『PIGI』、知らない人にコトバでその規模を説明するのがなかなか難しく…プレゼンのために、イメージパースなんかを描かなければいけなかったりします。

そもそも、美術施工屋さんが担当するモノだったりするこの“イメージパース”。
いわゆる“完成予想図”のコトです。
機材の特性や映像の見え方、全体の雰囲気や演出要素まで全部盛り込んだイメージパースを描かなければいけないので、美術施工屋さんやデザイナーさんにコトバで説明してもなかなか上手く伝わらず(ん?説明力不足か?)結局自分で描く事になります。

通常のイメージパースは手描きだったりCGだったりするのですが、僕の場合、実写+CGで創ります。
…あくまで独学デスカラ→ツッコミはナシの方向で。

まずは先に『PIGI』のイメージ。
(↓クリックすると少し大きな画像になります)
c0188353_824862.jpg

広島県:太光寺の年越しイベントで、お寺そのものに『PIGI』で映像を投影したモノ。
キレイでしょ♪
こんな風に巨大な映像を投影する事ができる、おフランス製の機材なんザマス。

- - - - - -

さて2年前、とあるお仕事の話が舞い込んできました。
「源氏物語が出来て2008年でちょうど1000年らしく、その年のメインイベントになるモノを創りたい!」だそうな。
1年かけて創り上げる壮大なプロジェクトに関わる事になった僕のはじめの仕事は
“イメージパースを描く”
でした。

●会場は京都河原町の鴨川(三条〜四条の間)
●河川の上に舞台を造り、その上で映像と音と照明を交えて「源氏物語」を舞う
●ウォータースクリーン × PIGI を使いたい
 ※ウォータースクリーン:幅40m × 高さ16m の扇型噴水をスクリーンにする装置
●映像や照明が活きる夜に実施

発注が来た時点で決まった演出要素は大まかに上記の4つ。
あとの演出要素はおまかせ!という感じで「3日後には欲しいんだけど」という無茶なお願い…。

会場のロケハンも兼ねて、翌日朝イチでカメラを持って京都に向かいました。
(せっかく故郷に帰って来たのに、友達に会う時間なんて微塵もありませんでした)

まずは鴨川に架かる四条大橋から三条方面に向かうアングルで写真撮影。
(↓クリックすると少し大きな画像になります)
c0188353_8343446.jpg

この時点で僕の頭の中には、舞台の配置やウォータースクリーンの位置など、実際に機材等を設置した時に“不自然じゃない”ざっくりしたレイアウトを思い描いています。
…写真は後から修正ききませんから。

この写真を元に
(1)まずは昼間→夜の風景にする(やり方はヒミツ)
(2)3DCGで舞台やウォータースクリーン等、比較的目立つ大きな素材を配置
(3)出演者や来場者をCGで合成
 ※通行人も一緒に写真撮影して、ココで使いました
(4)かがり火や水面への映り込み等、細かい素材をCGで追加
(5)全体の雰囲気を手描き風に整える(これもCG)
…という作業を経て(この間:約1日くらい)
(↓クリックすると少し大きな画像になります)
c0188353_8405395.jpg

はい、完成!

「3日で」という注文に「2日」で提出。
よくがんばった!(あんまり誰もホメてくんないから…)

…でも結局、色々な理由があってこのイベントは実施されませんでした。残念。

それでもこーやってカタチにしておくと、この作品が一人歩きして、回り回って別の仕事に繋がったりするモンなんです。
(このパースがそうでした。どこをどう経由したのかわからないくらい広まって、全然違う方面の方との仕事に繋がりました。)

- - - - - -

僕自身、創り終えた作品や やり終えたイベントなんかのストックや作品集をちゃんと作った事がありません。(大学卒業の時に作ったポートフォリオくらいか?)

過去の作品に全く愛着がないのです。
というより、なんだか恥ずかしい。。。
過去の作品を見ると、もちろん今の方が断然イイモノを創れる自信があって、昔の自分の実力のなさを直視できないんス。(創り直してぇ〜!ってなる。)

まわりのプロデューサーや営業の方々からは「オマエの作品集的なモノがないから営業しづらい!」と毎度お叱りを受けます…。(ゴメンナサイ)

作品集…あった方が良いのは理解ってるんですケド…。
…そのうち作ります…。

自分自身を売る営業能力→ゼロの僕の代わりに「イイモノ創るヤツがいるんです」と営業してくれている皆さんがいるからこそ、なんとか今日までこの世界で生きて来れているんだと思います。感謝感謝!

もちろん、そのうち作る予定の作品集を見てもらって、それがきっかけでまた別のお仕事を戴けるように頑張りたいですが…一番の理想はやっぱり「作品が一人歩きして」くれる事ですね。

そのためにも良い作品を創り続けたいです。

(あれ、なんだかキレイにまとまったぞ?)
[PR]

by wamhouse | 2009-02-18 08:54 | 創 : work

<< 瞬 : I love Hawa...    犬 : ノノ(♂:3歳+11ヶ... >>