『時をかける少女』。
原田知世さん主演の実写映画版は、その昔観た気がするけど、ほとんど憶えていません。

それよりもここ近年、数多く輩出されるアニメ作品で僕の琴線に振れたものと言えば…
『蟲師』(まぁ関わっていたので特別な愛もあり)
『鋼の錬金術師』(現在オンエア中のものではなく)
『鉄コン筋クリート』(背景がスバラシイ)
『プラネテス』(原作と違う方向でオモシロイ)
『うっかりペネロペ』(超カワイイ!)
『天元突破グレンラガン』(超カッコイイ!)
『電脳コイル』(何もかもがスゴイ!!)

そして、

『時をかける少女』


SFではワリとベタな“タイムスリップ”(作中では“タイムリープ”)の力を持った
少女のお話なのだが…
テンポ感といい、魅力的な主役キャラといい、ぐいぐい引き込まれる作品でした。
原作とは違う世界観を描いたこの作品と、元になった原作のリンクにはトリハダ。
まぁ詳しくは一度観てみんさい。

その『時をかける少女』を手がけた細田守監督が、満を持して送り出す最新作—

『サマーウォーズ』

c0188353_13252430.jpg
(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

キャラクターデザインは『ヱヴァンゲリヲン』の貞本義行さん、
脚本は『しゃべれどもしゃべれども』 の奥寺佐渡子さん、
美術監督はジブリ作品の屋台骨!武重洋二さん、
等々…『時をかける少女』のスタッフが再結集したこの作品。
トレーラー観るだけでかなりテンション→アガる!!


(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

ふとした事から片田舎の大家族に仲間入りした少年が、突如世界を襲った危機に対して
戦いを挑む物語。
あらすじ読んでもよくワカラン!!
トレーラー観てもよくワカラン!!

でも観たい!!!!

先に挙げた優秀な作品の良きエッセンスが全て入っているこの作品。

プールに通ってなんだかウトウト半分眠りながら歩いて帰った学校の帰り道。
じりじり肩が日焼けしながら朝から晩まで遊んだ公園。
好きなコを少し遠目に見ながら皆ではしゃいでやった花火。
家族で2泊3日で行った海。
庭のホースでびちゃびちゃになるまで水を掛け合って遊んだ事。

そんな懐かしい夏の日々を、ふわっと思い出させてくれるんです。
『時かけ』も、そしてきっと『サマーウォーズ』も。

大人になった今だからこそ観たい作品ですね。
[PR]

by wamhouse | 2009-06-29 12:52 | 想 : column

<< 記 : 全世界馴鹿会議    記 : たまにはええやん。 >>