「ほっ」と。キャンペーン


昨日ひさびさに舞台を観てきました。

BQMAP『出雲贋櫻伝』千秋楽。

いつもお仕事でお世話になっているネルケプランニングさん制作という事で
お誘い頂き、いざ新宿サンモールへ。

神々と 人々が まだ共存していた時代。
神々と 人々と 神でも人でもないモノの物語。
ヤマタノオロチやスサノオ、出雲の神々やアマテラスなど、
馴染みのある登場キャラクターが織りなす、新解釈の神話。
時空を超え、運命に縛られ、そして惹かれ合うオロチとスサノオ。
その物語には悲しみと愛がいっぱいでした。

日本古来の神話が大好物のオイラにとっては、とても観たかった作品で、
ネルケ木田さんから「観に来て!」メールを戴いた時には、
何か運命的なモノを感じました。

そーいえば初めてだったんです、BQMAPの公演観るの。
いやいやお恥ずかしい。
何度も何度も誘って頂いていたのに、なかなかスケジュールが合わず…
ようやく観に行く事ができました。

主役:竹内順子さんをはじめ(はじめはどうしてもナルトの声に聴こえて…
オロチじゃなく九尾の狐が出て来るかと…ゴニョゴニョゴニョ…)
BQMAP皆さんのハイクオリティな演技にシビれました。
中でも(個人的には)知桐京子さんの演技がズバ抜けて良くて、
その迫真の演技に涙してしまいました。(クライマックスじゃないトコで…)

舞台や映画、イベント等を観に行くとどうしても職業柄
演出部分に目が行きがちで、すごくひいた目線で作品を観てしまいがちなのですが、
今回はワリと純粋に楽しんで観る事ができました。
おかげでなんだか気分的にリフレッシュ。
木田さんありがとう!

もちろん演出家としての目線でも観させて頂いて、自分ならココはこーするなー、
ココの演出はこうやったらどうかなー、等と無粋な見方もしてしまいました。
職業病なので許してください。

帰りにBQMAP主宰:奥村さんを木田さんにご紹介頂き、ごあいさつ
させて頂く事が出来ました。
木田さんはどうやら奥村さん×中村を会わせる事が目的だったようで…笑。
とても気さくな方でした。また今度ゆっくり話してみたいですね。

話の流れで「今度一緒にやりましょう!」的な話もしたのですが、
「舞台」は 通常の仕事として受けるというよりも“ライフワーク”的スタンスで
ギャラがどうこうとか置いといて、それでも全力で!やってみたいので、
今後チャンスがあれば是非お手伝いさせてください!
やればデキる子なので(^^)ヨロシクお願いしま〜す!

いやー久々に他人の作品に刺激を受けました。
うーん心地よい。
[PR]

by wamhouse | 2009-03-23 12:14 | 劇 : theater