「おまえは“いっちょかみ”やなぁ」

中学時代、僕に器械体操を教えてくれた大恩師:故 片山太一先生は
渋い顔してよく僕にこう言いました。

“いっちょかみ”

キレイな言い方をすれば
どんな出来事でも興味を持ち、好奇心旺盛な人の事
つまり(悪い言い方をすれば)
何でもとりあえずやってみる、広くて浅〜い人の事

関西の方言ですが、あまり良い意味では使われませんでしたし、
事実、言われると少し心がクサクサしたものでした。

芸大で4年間映像を教えてくれていた担当教授にも
大学卒業の時に同じような事を言われました。

「まぁでも同じいっちょかみでも“一流のいっちょかみ”になってみるって手もあるね」

芸大に入り、映像の専門家として社会に出なきゃいけないハズのタイミングで
このまま映像業界で映像を創る事だけしかできない、なんてのも違う気がして
(もっと見聞を広めたいという意味で)就職活動すらしなかった僕に、
半ばお手上げ状態だった先生がくださった、残念な生徒への皮肉たっぷりの
ありがた〜い手向けの言葉だったワケですが(苦笑)

意外にも中村君→ココに食いついた。

物事を中途半端に修めようと首を突っ込むのが=いっちょかみ(悪口)。
じゃあ中途半端に修めず、全部ちゃんとやっていけばええんちゃうの?

ではその“全部”を“ちゃんとやる”というのは
一体“どのくらいの範囲まで”“どの程度深く関わる”事なのか?


社会の中で、映像やデザインなどのクリエイティブワークなんて
大きなプロジェクトの中のほんの一部。
それなら、まず僕はその大きなプロジェクト全体を俯瞰で観て(=範囲の理解)
その上で、クリエイティブの立ち位置と役割をちゃんと知った上で
「全体が理解できているクリエイターになろう」と決心。
そのプロジェクトでニーズのある専門知識を身につける事で(=深さの追求)
そこでの自分の存在が必要不可欠になり、
結果、自分の色をそのプロジェクトで出して行けるハズ。(=自己主張)

というワケでクリエイターとして生きていく前の修行の場として
まずはイベントプロデュース会社に就職。
しかもだいたい何でも何とかなっちゃうポジションを得た地元を離れ、
あえて知り合いもツテもない、仕事する上での国内最高レベルの地:東京へ上京。

そこの業務内容はまさに“いっちょかみ”。

イベント屋って何でもやんなきゃいけなくて、仕事を教えてくれた先輩にも
「ゼッタイに「できません」って言うな。とりあえず持ち帰って来い!」と
教えられました。

実際イベントだけにとどまらず、ソニー銀行の立ち上げプロジェクトから始まって
(ちなみに入社してスグの仕事がコレ。新人にまかせる内容じゃないよ…)
企画、屋外広告、映像制作、路上でのサンプリング、展示会…いろんな仕事ができて、
しかもひとつひとつのプロジェクトの全体を観る事ができる立ち位置だったので、
毎度スキルも知識もグングン上がっていく事が自分でもよくわかりました。
おかげで、自分ひとりで出来る「範囲」も広がり、「深さ」も得る事ができました。


その会社も3年で辞めて、独立して6年が経ちました。
(フリーランス×2年〜会社立ち上げて×4年)

初対面の方は僕の名刺をまじまじと見つめ、
「どのような事をされているんですか?」
と必ず質問されます。
(ワムハウス 代表取締役 / 演出家/映像作家/グラフィックデザイナー と書いてある。)

う〜ん、難しい。(そして説明がめんどくせぇ。)

相手と場合によって説明を変える事にしているのですが…

イベント業界の方には
「元イベント屋で今は演出をやってまして、それにまつわるクリエイティブも全部やります。
 企画から参加して、現場ではCUEも出すし、オペもやっちゃいます。」

それ以外の方には
「企画やコピーも考えますし、そこから実施に至るまで、また創りものなんかも全部やります。」
「映像やデザイン、音楽も創ります。写真も撮ります。店舗デザインなんかもやります。
 最近じゃ雑貨小物のブランドも始めまして、来年には自分でお店を創ります。」

…まぁつまり、何言われてもだいたい「出来ます」と答えます。
先輩に教わった事を今も忠実に守ってますよ→井出さん。

その「出来ます」具合が、本職の方々と比べられても遜色のないように、
『広〜く 深〜く』やっているつもりです。

おかげさまで最近は(いや、昔からか?)
“困った時やわからない時はとりあえず中村に訊いとけ”
的なポジションが確立できて、ワリと何でも屋さんになってきています。

そのようにお声がかかるという事は、ちゃんとやれているんだと自負しております。


自分の今のスキルが“100”だとして、
相談された内容が、そのスキルを少しオーバーする“120”だったとします。
コレが“200”とかで「できます!」って言っちゃうと、それはウソだったり
後で大変な事になっちゃったりするワケですが、
“+20”くらいのオーバーならハッタリで「できます!」って言っちゃって
コッソリ勉強して→“+20”追いついて、“120”をちゃんと実現させたその瞬間から、
その“120”は次の自分の“100”になる。
コレを地道に繰り返していけば、どんどんスキルは上がっていく。
…って話をよくします。

出来る範囲の仕事だけやってれば、失敗もないし、成長もない。

でもそんなのつまんないじゃん。

バレないように(相手に不安を与えないためにも、という意味で)コッソリ
ハッタリかまして、ちゃんと成果を上げて行けば、
相手もニッコリ。
僕もニッコリ。
コッソリ+ハッタリ=ニッコリ。(なんじゃこりゃ)


ねぇ、天国の片山先生。
僕、結局“いっちょかみ”のまま大人になりましたよ。
一流かどうかは自分ではよくわかりませんが、ちゃんとプロとしてやって行けてます。

今ならきっと先生は渋い顔せず、ちょっとニヤっとしながら、
でもやっぱり言うんだろうなぁ。

「おまえは“いっちょかみ”やなぁ」

今度は胸を張って、僕もニヤっと「…でしょ?」と答えたいです。
[PR]

by wamhouse | 2009-06-18 06:12 | 想 : column


まずは以下の記事を読んで頂きたい。

楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明

…あ〜あ、やっちゃったねーコレ。
大騒ぎになる事マチガイナシ。
楽天の株持ってる方は早々に処分されたし。

ヒルズから飛び出てみたものの、ヒルズの呪いは付いてまわりますねえ。
まぁ、今の楽天タワーもたいがいやけどな。

そういえば、過去こんな事件がありましたね。(Wikipediaより抜粋)

2005年7月23日に楽天で3万6千件の個人情報漏洩事件が発生。
楽天側の発表では出店している店舗からの情報漏洩だと発表。
更にビッダーズの運営するショッピングモールサイトでも同じ会社の店舗から
8千件の情報漏洩が発生。
2005年10月27日に当該店舗の元社員が店舗に付与されたIDとパスワードを使用し
不正アクセスを行い、その際に盗み出した個人情報を名簿業者に売ったとして逮捕された。

ウチもオンラインショップを始めるにあたり、楽天に資料請求しました。
もうこの時点でウチの個人情報は楽天の売り物@¥10-になっとるワケですな。

あとこんなのもあるよ!
楽天「マスク買い集め高値で売れ」推奨に批判が!

さー、楽天叩きが始まるよ♪
[PR]

by wamhouse | 2009-05-27 22:17 | 想 : column

太陽黒点なし、百年ぶりの活動極小期か
c0188353_23103733.jpg

太陽観測機SOHOが2009年3月31日に撮影した太陽の表面。
見たとおり、黒点がまったくない。
今年初めから異常に黒点の数が少ないため、太陽は約100年ぶりに活動の極小期に
入っているとNASAは判断している。

太陽がこのような重度の活動極小期に入るのは1913年以来のことだ。
その年に記録された無黒点日は311日だった。
(Yahoo!ニュースより)

---

人間も、人間以外の生き物も、自然も、そして地球や、他の惑星だって、
全ての中心にあるのは「太陽」なワケで。
その太陽が100年ぶりの変化を起こしているようで。

100年前の極小期の、もうひとつ前の極小期は、きっと観測も記録も
されていないだろうから、その極小期とやらが一体どんなモノで、
どのような影響があるのかなんて、NASAであろうが何であろうが、
きっとわかるワケがない。

…でも、気になるじゃないですか。

というワケで、前回の極小期=1913年の経済面や世界情勢、気候など、
色んな角度から調べてみました。

そこで目についたのが「気候」。

毎年毎年「観測史上初」の「異常気象」を連発する気象庁ですが、
その気象庁のHPでこのような情報をゲット。

---

19世紀末から20世紀初頭は冷害の多い時期でした。
特に被害が大きかったとされる年は
1902(明治35)年、1905(明治38)年、1913(大正2)年です。
この三年は,明治以降の三大冷害と呼ばれることがあります。

1901年から1913年まで気温の低い夏が続き、多くが1971~2000年の
平年値と比べて2℃近く低い状態でした。
20世紀初めはその前後の時代と比べても低温となることが多く、
冷害が発生しやすかった時代だと考えられます。

1913年は北海道で低温が続いた年で,6月から9月まで平年より
2℃以上低い状態が続きました。
8月には東北でも平年より3℃前後低くなりました。
この年は北海道で被害が特に大きく、水稲は壊滅的な被害を受けました。
(気象庁HPより抜粋)

---

…では今年は冷夏なのか!?

現状、太陽黒点数の増減と地球気候の関係は信頼できるほどの統計的結果は
得られていません。

太陽活動(黒点数)は、11年周期で変化します。
ところが、その活動が長期にわたり止まったことが過去何度かありました。
その時期には地球の寒冷化が起こっています。

太陽活動が静かになると雲が多く、太陽活動が活発になると雲が減る傾向にある、
なんて統計結果もあります。

例えば、太陽黒点数の少ない17世紀は、地球全体が寒冷な気候であり、
当時ロンドンのテムズ川が氷結した様子を描いた絵は、これを物語っています。
c0188353_23365329.jpg


『2009年は太陽の極小期にあたり、その影響で記録的な冷夏になる』
と仮定してみます。

冷夏は農産品の不足や価格高騰を引き起こす。→例を後述。
衣料品の売り上げ減にもつながる。→ユニクロ神話崩壊?
アウトドアレジャーへの動きは減少。→海の家はまたもや閑古鳥。
映画興行など、夏のインドアレジャーには追い風。→TSUTAYA儲かる。

ココから経済へ目を向けてみます。

●冷夏により農作物の生産量が減少する。

●トウモロコシなど、次世代エネルギーとされる作物ももちろん不足。

●相場高騰。

…みたいな。(超短絡的仮定ですな。)

前回の「冷夏」は2003年。
西日本から東北地方で梅雨明けが遅く、米や夏野菜が不足しました。
年末にかけて野菜は例年の2倍を越える品も出るほど高騰。
(米は備蓄があるからあんまり影響を受けていないのでしょうね。)

その年のトウモロコシ相場は…
c0188353_23484176.gif

…やっぱり高騰。
(でもその後すぐまた落ちてるんだけど…※サブプライム問題関連での調整による)
c0188353_07113.jpg

昨年6月から急落し、また少しずつ上がり始めているトウモロコシ相場。
もしかしたら“買い”かも!?

まぁ全て、『2009年は太陽の極小期にあたり、その影響で記録的な冷夏になる』
という仮定に基づいた僕の個人的見解なので、先物取引等への投資は
くれぐれも個人の責任と判断で!
クレームは一切受け付けません(笑)
経済情勢なんて、気候以外にも色々な要素が複雑に絡みますから。

僕は先物取引もやらないし、農業をやっているワケでもないので、
日々の生活に影響がある事といえば、
「アツい夏生まれの夏男で、アツい夏がとっても好きなのに、とても寂しい」
くらいのモンです。
でもこうやって色々考えたり調べたりする事が、
物事を違った角度や目線で捉える練習になり、
そこで得た情報は「知識」となり、
練習で得た力は「知恵」となります。

ムダな事なんて何ひとつない。

「仮定」と、そこから導き出す「想定」から結果を「予想」する。
順序立てて建築的(もしくは数学的)に物事を考える方法は、
どんな場面にでも応用できる考え方だと常々思っています。
(僕が書く企画書なんかも実はこの手法。)

以上、今月のコラムでした。(…え?月イチなの?)
[PR]

by wamhouse | 2009-04-12 00:05 | 想 : column


『かすり』(絣・飛白)

— 模様がところどころにおいて“かすった”ように織られた染め文様、もしくはそのような文様を持つ織物。

c0188353_2253511.jpg


意匠家(デザイナー)がデザインの元になる絵を描く。

染め屋さんはその絵を元に、縦糸・横糸の どの部分を染めて どの部分を染めないかを綿密に計算し、部分的に染めない部分をつくりながら糸を染めていく。

何種類、何十種類の縦糸に、また何種類、何十種類の横糸を通して織り込み、一枚の布がかたち造られ、意匠が出来上がっていく。

意匠家は“かすりがでないように”意匠を考える。
というよりも、意匠を考える時点で“かすり”は計算できないもの。

でも、糸を染めたり、機織機で織ったりする過程で、どうしても“かすり”は出てしまう。

もしかしたら意匠家にはその“かすり”が不本意なモノかもしれない。
それでも、その織物の模様にできた不規則なかすれが“味”となり、人々を魅了し、その手法、そして製品の名前までもが『かすり』となった。

映像も音楽もグラフィックデザインも、ひとつひとつの素材を制作し、スタジオやPCで合成・編集し、それぞれの素材の色や大きさやバランス等を丁寧に調整し、なるべく劣化しないように、最終データへと完成させていく。
それが、TVで放送されたり、DVDやCDといったメディアになったり、紙に印刷されたりして、ユーザーの手元へと届けられる。
イベントだって、本番直前まで何度も何度も調整を繰り返し、納得のいくまでリハーサルを重ねて「もうこれで間違いない!」という状態で客入れを迎える。

でも僕は、ココで“完成”だとは考えない。

世の中には様々な映像の観方がある。
真っ暗な映画館の中、とても大きなスクリーンで観る映像。
蛍光灯の部屋の中、最新の液晶テレビで観る映像。
昼過ぎのカフェで、ケータイ電話で観る映像。
音楽だって、高価なステレオで聴く事もあれば、iPodで聴く事もある。
グラフィックデザインだって、
美術館のように額装されて最高の照明の下、単体で観る事もあれば、
本屋さんにあるたくさんの本の中のたった1冊の本の表紙のように観る事もある。
イベントはさらにわかりやすく、
客層の雰囲気や空気感、ともすれば当日の天候なんかも関係して、本番は様々な表情を見せ、それによってそのイベントは同じ内容でも、面白くもなり、つまらなくもなる。

創り手の想いや意志が届くのは、その作品がカタチになる瞬間まで。
そこから先は受け取り手によって色々なカタチへと姿を変える。

クリエイターが創り上げたモノに、別の人やユーザーの手が加わる事で、それは思いもよらない変化を遂げる。

そんな“かすり”のような計算のできない「モノ創りののりしろ」が実におもしろい。

そんな面白さに魅せられて、
そんな面白い事が仕事にできた事を本当に幸せに思う。
こんな面白い事、死ぬまでやめない!

作品に「完成品」なんてない。
[PR]

by wamhouse | 2009-03-13 02:03 | 想 : column


「今の自分の気持ち・気分を時刻に例えると、何時ですか?」

何時ですか?
[PR]

by wamhouse | 2009-02-27 04:30 | 想 : column


家族がいて、仲間がいて、心休まる故郷。
でも、弱い自分はそんな故郷に甘えてしまいそうな気がして
家出同然で実家を飛び出して、日本や海外をウロウロして、
自分を試すつもりで一文ナシで飛び込んだ東京のイベント業界。

続きを読む…
[PR]

by wamhouse | 2009-01-24 02:06 | 想 : column