常日頃から、出逢いの縁はとても大切なものだと思っています。

人間ひとりじゃ何もできなくて
家族や友人、仕事仲間や他人まで
色んな人の支えがあって、日々生きています。
もちろんそれは、人間同士だけでなく
動物や植物、情景や言葉にできない出来事さえも
すべてが必然で
たまたまの偶然なんて言葉では片付けられない
そんな奇跡がたくさん重なって、今、僕はここにいます。

そして、きっと僕もその奇跡の一部で
そうやって誰かや何かに生かされている分
僕に出逢った誰かを生かすために
存在しているのだとも思っています。


Twitterという、相手の顔も素性も知らない
でも確かに人間同士のつながりで
たった140文字以内の“つぶやき”に
相手の姿や正確を想像し
仲良くなったり、好きになったり、
もしかしたら!出会って付き合って結婚する人だって
いるかも知れない(ホントはどうか知らんけど)
そんなツールで出逢った、仲の良いフォロワーの方が
一冊の本と僕を巡り逢わせてくれました。


『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』(喜多川泰 著)
c0188353_355130.jpg



僕は基本的に、人がイイと言っていた本は
とりあえず片っ端から買う事にしています。
おかげで読めていない新品の本がウチには山積みなワケですが…。

昨日、ふとTwitterを眺めていたら
「なかむーみたい」という書き込みが。
決して、僕にToで投げかけられたつぶやきではなく
その人のつぶやきの中に、僕の名前が入っていたのを
たまたま僕が見つけただけ。
TLの流れの早い時間だったので、その一瞬を見逃したら
きっと気づかずに過ぎていたであろう、そのつぶやき。

相手が仲良しの人だったので
「(僕のこと)呼んだ?」
と返してみたところ
どうやら今その方が読んでいる本の中に出てくる言葉が
いかにも僕が言いそうな言葉だったらしく。

そんな事言われたら、俄然興味湧くじゃないですか!

タイトルを聞いて、当然すぐAmazonで買いまして
先程読み終わりました。


暑くて寝苦しい夜中にふと目覚めて眠れなくなり
350mlの缶ビールと同時に、その本を開けました。

何か、格言集のようなモノだと思っていたら、小説でした。
ひとりの高校生の、ひと夏の旅。
といっても、大それた冒険の旅とかではなく
ひょんな事がきっかけで、行かなければいけなくなってしまった
イヤイヤ始まった、たった5日間の小さな旅。

「字も大きめですぐ読めちゃいます」と聞いていた通り
読みながら呑んでいた缶ビールがなくならないうちに
読み終える事ができました。

ズバリ。この本は、是非読んで欲しいです。
(読んで欲しいからブログに書きました!)

オススメしてくれたその方の言う通り、
そこに書かれた言葉たちは、いつも僕が思っているような事で
僕の中では、生きていく上での「真理」でもあります。

時には、特定の誰かへのメッセージだったり
時には、自分自身の毒抜きのためだったりするんですが
僕はよくその想いをTwitterにつぶやきます。

それを読んでくれている人がいて
ここに、同じような事を思っていて
小説というカタチで
(オビに書かれていたんですが)10万部を超えるベストセラーとして
たくさんの人の共感を得ている。

そしてそれを「なかむーみたい」と言ってくれる人がいる。

ちょっと遠回りして、なんだか僕が誉められている気がして
まぁそれはカンチガイなんですけど(笑)とてもうれしくなりました。

たまたまTwitterで知り合った人が読んだ本と
たまたまTwitterで知り合った僕が言ってる言葉が結びついて
たまたまその事をつぶやいた瞬間を、僕が逃すことなく見つけて
僕がこの本と出会うキッカケになって
さらにこうやって、今このブログを読んでくれている人に
(読んでくれてありがとうございます)
この事を僕が伝える事ができている。

これも「縁」なんだと思うんです。

自分ひとりじゃ、この本に辿り着かなかった。
万が一、違うカタチでこの本に出逢っていても
(感動はしたにせよ)今のこの感情には絶対にならなかった。

「縁」とか「運命」とか、とても不思議なチカラだと思います。
人や動物、モノやタイミング、すべてがそれぞれに“磁力”を持っていて
お互いが惹き合うべくして、惹き合って、出逢う。

そんなステキな「縁」のお話が、その本には描かれています。


「人とのつながりを大切にして、もっと人とつながろう」
僕が今、新しく始めようとしている事が
きっと間違ってないんだ!と思わせてくれる一冊でした。

このタイミングでこの本に出逢わせてくれた奇跡に、感謝感謝です。
[PR]

by wamhouse | 2012-08-27 04:03 | 読 : book


皆さんモチロンご存知でしょう。

『デスノート』。

週刊少年ジャンプに連載されたマンガで、ドラマにもなり映画にもなり
もちろんアニメにもなり、社会現象と言っても過言ではない人気作品。

あのドラマを観て以来、どんなドラマに松山ケンイチ君が出演していても
「L」にしか見えないのは僕だけじゃないハズ。笑。

そんな『デスノート』、原作:大場つぐみ先生 × 漫画:小畑健先生の
2人組によって産み出された作品なのですが…
けっこう色々なウワサが絶えないこの2大先生。

その色々なウワサの中で、ネットなんかでとても有名な話が
「大場つぐみ=ガモウひろし」説。

「ガモウひろし」とは!?

昔、週刊少年ジャンプで連載されて、アニメ化もされたギャグヒーローマンガ
『とっても!ラッキーマン』の原作者。
決してウマいとは言い難い独特な絵と、珍妙なテンポで進む話…僕はキライじゃ
ありませんでした。
アニメもワリと観てたしね。
(主役:ラッキーマンの声優さんが田中真弓さんだった=クリリン、ルフィ、パズーの人)
c0188353_045134.gif

c0188353_044223.jpg

ラッキーマンの瞬間最大風速的な人気も、時代の流れとともにいつしか忘れ去られた頃…
数年経ったジャンプで人気を博した『デスノート』。

絵のキレイさには定評のある小畑健先生と、無名に近い原作:大場つぐみ先生が組んだ
この作品は、先に述べたようにあっというまにジャンプの代表作にのぼり詰めました。

そんな作者にどこからか囁かれ出したウワサ…。
それが「大場つぐみ=ガモウひろし」説なのです!

今ジャンプでは『バクマン。』という作品が、再び大場つぐみ先生×小畑健先生コンビによって連載されています。
中学生2人組(現段階で高校生)がそれぞれ原作/漫画を担当して、18歳までにマンガ家になり、そして 自分の作品のアニメ化を目指すという物語。
そう、2人の先生方がご自分達の仕事をそのまんま作品にした 新しいカタチの“漫画指南書”的作品なのです。
ジャンプの裏側を見せつつ、早いテンポで描かれる内容は、マンガ家を目指さない人が読んだってかなりオモシロイです。

主役:真城最高クンの叔父は元マンガ家(過労死したために“元”)という設定なのですが、その叔父さんが描いていたマンガが『とっても!ラッキーマン』そっくりの内容と絵なのです!

コレで「大場つぐみ=ガモウひろし」説→再浮上。

しかも集英社、このウワサを逆手に取った戦略のようで、単行本には大場先生の描くネーム
(※マンガの下書きみたいなモノ)がオマケで載っているのですが、コレがまたラッキーマン
そのものの絵だったり。

というか「大場つぐみ=ガモウひろし」もうほぼ確定すぎて笑えるのですが。

そして。

間違いなくその集英社的戦略のひとつなのですが…

スゴい事に気づきました。
もはや決定的証拠。

↓コチラ『バクマン。』単行本の表紙。
c0188353_0415582.jpg


タイトルがローマ字表記になっています。
c0188353_0422865.jpg


そのタイトル…下の部分を隠してみる。
c0188353_0442083.jpg

読んでみる。
R…A…K…I…I…M…A…N…。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんと!
『ラッキーマン』!!!!!

なんとまぁサービス精神旺盛なんでしょ→大場先生。
誰かに言いたくて言いたくて仕方がなくて、ブログに書く事にしました。

ちなみにこの1巻の表紙にはたくさんの『ラッキーマン』が隠されています。
是非お手に取ってご確認ください。笑
c0188353_043278.jpg

[PR]

by wamhouse | 2009-03-20 00:46 | 読 : book

ナイショにしてたけど教えたげる。

え?ナニナニ??
[PR]

by wamhouse | 2009-02-21 03:18 | 読 : book


男の子として
地球に生まれし人間という生物として
当然の如く憧れの場所である
「宇宙」。

続きを読む…
[PR]

by wamhouse | 2009-02-20 02:48 | 読 : book


少し前になりますが…

仕事でも関わらせて頂き、個人的にも大ファンだった
「蟲師」の連載が“降幕”しました。

続きを読む…
[PR]

by wamhouse | 2009-01-03 17:34 | 読 : book