イモトアヤコに会って来たぞ。

元気いっぱい、一生懸命。
そして腰はとっても低く礼儀正しい。

末永くがんばって欲しいもんです。
[PR]

by wamhouse | 2009-11-30 15:57 | 記 : diary

もう11月終わり!?
早っ!
早っっ!!!

今年もあと1ヶ月!?
早ぇ〜〜〜〜〜っ!!!

…と、毎月言ってる気がする。
暦の進み具合を実感するのって月末しかないからなんだな、きっと。

だいたい月毎に
「来月はあれやんなきゃ」
とか
「来月はこんな事したいな」
とか
考えはするんだけど…仕事以外の予定はだいたい実行できないまま。

すると年末になって、それらの未完の予定たちは
「ああ、今年こんな事するつもりだったのになぁ」
に変身。そして来年に持ち越されていくのである。

今のところ、その代表格が「帰省」です。。。

両おばあちゃんの墓参りも全然行けてなく…。
心では大変申し訳なく思っており、普段何か悪い事が起こると
「これはきっと僕が墓参りに行ってないからだ…おばあちゃんゴメンナサイ」
と毎回思う。。。
ちょっと忘れ物をしたり、タッチ差でバスに乗れなかっただけでも思う。

僕はぜんぜん長生きしなくて良いので、1日48時間ください。
僕の寿命から逆算して時間を削っていいから。
動ける「今」に時間を使える方がどんだけ良いか。
余生は全く必要ナシ!

…なんて妄想が出て来ると、忙しさに病んでる証拠です。。。
[PR]

by wamhouse | 2009-11-29 08:02 | 想 : column

Twitterサーバ、「バルス」に勝つ
元ソース

Twitterが本格普及してから初のラピュタ地上波放送が20日夜にあった。
2chはいつも通り落ちたが、Twitterは「バルス」にも耐えきった。


Twitter→すげーっ!!
あの破壊の呪文に耐えたのか!!



大きな雲のかたまりを見ると、
「きっとあの雲の中にはラピュタがあって…」
って、33歳になった今もフツーに思います。笑



数年前、パズー役の田中真弓さん(クリリンやルフィもこの人ね)とお仕事した時
真弓さんのケータイ着メロが、パズーの吹くラッパの曲(「ハトと少年」)でした。
ちょっと感動した。
[PR]

by wamhouse | 2009-11-25 07:59 | 記 : diary


鹿島関係先を家宅捜索へ=羽田空港で埋め立て不正−代金詐取の疑い・警視庁
Yahoo! News

鹿島建設ともあろう超大手ゼネコンが、500万の不正詐取…
金額の多い少ないは置いといて…

一昨日のコラムでで“イイCMやってる”って褒めたとたんにコレかい!
どんなにイイ言葉並べても、結局コレじゃあ説得力がねぇなぁ。

まぁ、この鹿島建設の疑惑のウラにはきっと、羽田空港新滑走路建設という事業に群がる
大物政治家のお歴々や、長年の高給体質のおかげで屋台骨が傾いている某航空会社様が
たくさんいらっしゃって、動いているお金ももっと大きな額なんでしょうけど…
きっと全ては闇の中ですな…。

あまりにもタイムリーなタイミングで鹿島(のCM)をほめたコラムを書いてしまった
僕もなんだかとばっちりな気分…。

反省しなさいっ!
[PR]

by wamhouse | 2009-11-25 07:22 | 記 : diary

先日の「ごはん」の話題からもうひとつ。
これもその舞台監督さんから発信のネタ。

行列のできるラーメン屋はよく聞くけど
行列のできるカレー屋はあまり聞かない。

なんでかー?

カレーはやっぱり我が家の味が一番だから…らしい。

店によっては、入手困難なスパイスや、門外不出・一子相伝の暗殺拳のような調理法で
家庭ではモチロン、ヨソでは味わう事の出来ないオンリーワンなカレーを出すところも
きっとあるでしょう。
でも、行列ができる程のお店ってなかなか聞かないですね。そういえば。

それに比べ、ラーメン屋にはよく行列ができている。
それが話題にもつながり、また行列が伸びる。

それは、家庭でラーメンをイチから
—例えば鶏をバラしてダシを取ったり、粉から麺を打ったり—
作る事はできないからで、ホントに美味しいラーメンは家庭では食べる事ができないから。
…だそうな。

まぁ確かに、こだわったラーメンなんて家じゃなかなか作れないけど、
カレーってそれぞれの家庭で微妙に作り方や味付けが違って、ヨソの家でカレー食べると
決してマズくはないけど、やっぱり家のカレーが一番ウマい!って
心のどこかで思ってるのかもしれない。

わざわざ並んで、高い金払ってカレー食うくらいなら、家で食うわ!ってなるわな。

この話をしてくれた舞台監督さんは、その「カレー」と「ラーメン」を
イベントの「音響」と「照明・映像」に置き換えて、その必要性を説いていたのだが…
その頃にはかなり酔っぱらっていたナカム→どっちがどっちか忘れちゃいました〜。
アハハー!

確か…
「音」は聴く人それぞれに気持ちのいい音=「正解」を持っているけれど
「照明・映像」は、観る人がちゃんと「正解」を持っていない…
…という感じの話をしていた気が…

(という事は、「音」がカレーで「照明・映像」がラーメンかな?)

なんだか上手なつなぎを使って、結論を出されていた気もするのですが…
そういった大事な話は酔っぱらう前にお願いしまーす。

あ、ちなみに僕は並ばなきゃ食べられないようなラーメン屋には行きません。
ただメシを食う為に待ったり並んだりという行為が理解できない。
並ぶくらいなら違うモン食べるわ。
どうしてもそのお店で食べたいモノがある場合は、必ず予約してから行きますよ。

以上、「食」に対して全く無頓着なナカムの、記憶が曖昧な話でした。




…何コレ?早朝からこの話。…と思ってるでしょー?
徹夜明けだからでしたー!
[PR]

by wamhouse | 2009-11-24 08:52 | 記 : diary




"人が想像できることは、必ず人が実現できる" —Jules Verne(1828-1905:SF作家)



座右の銘は?と聴かれたら、この言葉を答えます。


今、鹿島建設がとても良いCMをやってます。


ラッシュのない都心

車イスでどこにでもいける世界

ゴミという言葉がない世界

ホタルが棲む渋谷

天の川が見える新宿


「人が想像できることは 必ず人が実現できる」 
                   ジェール・ヴェルヌ



僕が人によくする話があります。

例えば、ボクシングのチャンピオンになった人は
いったいどのタイミングで「オレ、チャンピオンになれるかも」と思ったのか。
いったいどのタイミングで「オレ、チャンピオンになるぞ!」と目指し始めたのか。
それとも、はじめから神のお告げで「チャンピオンになる」とわかっていたのか。
それとも、はじめから運命で「チャンピオンになる」ことが決まっていたのか。

僕は少し違うと考えます。

チャンピオンになるような人は、自分がチャンピオンになる事を
はじめから最後まで疑わなかった人。


人という生き物はとても不思議な力を持っていて、
想像できる事は必ず実現できる、絶対に想像通りになるんです。

絶対に。

チャンピオンになった人は「自分はチャンピオンになる」と思い続けた結果、
その通りにチャンピオンになりました。

チャンピオンになれなかった人は、きっとどこかで
「オレ、チャンピオンにはなれないかも…」と思ったハズなんです。
「なれない」と思ったから、その通り「なれなかった」。

夢が叶えられなかった人、目標が達成できなかった人は
必ずどこかで「自分にはできない」と思ってしまった人。

想い続ける事の強さが 何かを産み出す原動力になる。


ラッシュのない都心も
車イスでどこにでもいける世界も
ゴミという言葉がない世界も
ホタルが棲む渋谷も
天の川が見える新宿も

想像できるから きっと実現できる。

その実現のために必要だと思える事を
ひとつずつクリアしていくだけ。


人が想像できることは、必ず人が実現できる。
[PR]

by wamhouse | 2009-11-23 19:44 | 想 : column

それは「寝ながらも仕事」。

(A)「デスクに向かって“さぁやるぞ!”って仕事に向かうタイプ」
(B)「ぼーっとしてる時の方がアイデアが出るタイプ」

(A)の方は仕事とプライベートの時間をキッチリ分ける事が出来る人ですね。
(B)の人はその逆。デスクに“さぁ!”と向かうと案外仕事が進まない。

僕、(B)です。

まぁ仕事の内容が“思いつき”からスタートするようなモノですから
致し方ないっちゃぁないんですけど。

ブレスト(※「Brainstorming」:つまり「三人寄れば文殊の知恵」)やるぞ!と
会議室に数人集まったり、資料揃えてデスクに向かったりしても、
要は“気が向かないと”全然アイデア出ず…。

イベント会社時代にも良く言われました。(この会社、ブレスト大好き会社で。)
「お前、普段はオモロイ事(ボケとかギャグとか、そーゆー意味じゃなく)
けっこう言うクセに、ブレストすると全然おとなしいやないか!」
しゃーないやんか!全然出てけーへんねんもん!
…と、心の中で舌打ちしたもんです。(今は聞こえるように舌打ちします。)

なので、現在のワークスタイル:
昼は打ち合わせ
夜は創作活動
と、キッチリ分ける事に。…気がつけばこうなってた、が正しいか。

昼間って全然仕事(この場合の“仕事”は創作活動の意)出来ないんです。
それこそ、一般企業様=我が社のクライアント様の方々が活動していらっしゃる
お時間なので、当然、お打ち合わせやお電話やなんかは全てお昼ですよね。
なので、何か作業してても中断しなきゃいけない事が多い。
ノッてる時に中断するのがとてもイヤなので、必然的に昼間は作業しないように
なりました。

となると、皆様がお仕事を終わられた後の時間からが本番。
夜から朝方にかけての時間が創作活動にとても向いていて
打ち合わせはない、電話は(あんまり)かかってこない、電気が澄んでいて音がキレイ、
と、素晴らしい時間帯です。

で、良く人から言われるのが「いつ寝てるんですか?」

…僕だけじゃなく、この業界に棲んでいる輩は皆様こんなもんなんですが。
まぁ寝る間を惜しんで仕事しているのは事実なんですけど、いちおう人間なので
そこそこ睡眠時間は取らないと身体がもちません。

でも。

脳はもつんですよ。

眠っている間、もちろん身体は休んでいますが、脳はむしろ活発に動いていて
起きている間にあった出来事や情報を整理しているんです。
だから「睡眠学習」なんかは本当に効果があるワケですよ。
試験前に徹夜で情報詰め込むより、逆にぐっすり眠った方が良いんです。

このへんの話は良く聞きますよね。テレビなんかでもやってるし。

ナカム脳→この整理整頓作業に加え、どうやら「感覚部分」も非常に活発な様子。
特に企画や演出を考えなきゃいけない時、眠っている時のナカム脳が大活躍!

夢の中でも仕事の続きをやっていて、むしろ夢で観る分、とってもイメージ的で
わかりやすいんです。

具体例をひとつ。

例えば、とあるコンサートの演出をまかされたとします。
僕がまずやる事は、セットリスト(曲順)、ステージ図面を入手し、
アーティストさんご本人やマネージャーさんや舞台監督さんたちと、
だいたいの演出の方向性をざっくり決めます。

その後は、曲毎に映像やなんかの演出を考えていくんですが…
スケッチブック+色鉛筆+コピックを持ってデスクに座ってみても
まぁコレが“コレデモカ!”ってくらいアイデアは出ません。
なので何もせず、ただひたすらセットリスト通りの曲順で
音源をBGMのように聴き続けます。
すると眠くなります。ウトウトウト…。
寝る。

すると…
脳が「曲」「舞台」「演出の方向性(ぼんやり気味)」を整理し、
理解→分解→再構築(錬金術)→なんとなく絵が見えて来る→
まるで本番のような様子を夢で観る!

2時間半(ナカム1日の平均睡眠時間)でパッチリ起きて
そのままその夢の様子は半日放置。(この半日=昼間ってコト。)
↑コレ、ポイント。
どうでもいいような内容だと、半日もすれば忘れてしまうんですけど
良い内容だと、半日過ぎても忘れない。夢ってだいたいそうでしょ?
半日後にその仕事を再開。
夢で観た内容を起きている時の脳ミソでさらに整理整頓→絵に描いたり
文字で書いたりして具現化。

つまり。
ナカム脳の活動は24/7。

昼は社会人的に働いて、
夜はクリエイター的に創作活動して、
情報の整理と考え事は寝てる間にして、
起きたらまた社会人的に働いて…

僕にはこのループ…否、毎日何かを産み出しつつまわるので…
僕にはこのスパイラルがベスト。

枕元にスケッチブックを置いて、何か思いついたらスグ書き留めておく…っていう
作家さんは良くいらっしゃいますが、アレってだいたい後で読み返すと
「なんじゃコリャ」って内容なんですよね。(僕も一時期やってましたが)
それよりも、グッスリ眠って、ちゃんと起きてからふるいにかけて、
勝ち残ったアイデアを思い出して書き留める方が、やっぱり良いアイデアになる。

コレ、誰でもできると思うんだけどなぁ。

好きで好きで仕方ない人がいると、やっぱり夢でもその人って出て来るじゃない?
考えなきゃいけない仕事があって、その仕事の事を、好きな人と同じくらい考えていれば
自然とその事が夢に出て来るハズ。

なので、なかなか気持ちが入らないような仕事は=夢ですら観ませんよ。笑

夢にまで観るような仕事に巡りあえている時は、自分って幸せ者だなぁと思います。
おかげさまでそういった仕事がどんどん増えて来ているので感謝感謝でございます。

「脳ミソ→24時間使いっぱなしで休まなくても大丈夫?」

大丈夫。
脳ミソが休む時は 死ぬ時ですから。
[PR]

by wamhouse | 2009-11-23 17:53 | 記 : diary

先日、いつもお世話になっている舞台監督さんと、そのお知り合いの方と、僕の3人で
ちょっと早い忘年会をしてきました。
(お忙しい方々なので、今やらないと年内はもう機会がない!という事で。)

神楽坂をウロウロして、その舞台監督さんオススメのお店に決定。
そのお店は「白米がウマい」というのがウリの店で。

結果、そこのゴハンはたしかに美味しかったですが、個人的には
歯ごたえがしっかりした、粒の立ったゴハンが好きなので、
そこの新米をほんのちょっと炊きすぎた感じの、やわらかーいゴハンは
僕の中では90点でした。
まぁ、コレばっかりは人によっての好き嫌いデスカラ。

そのお店で、仕事の話やら色々しつつ、いい感じにお酒がまわって来たところで
その舞台監督さんからクエスチョン。

舞台監督さん「日本人の最後の晩餐って、やっぱりゴハンだと思うんだ。」
他2人「うんうん。」
舞台監督さん「それじゃあさ、そのゴハンがここのゴハンくらい美味しいゴハン
だったとしてさ、もう1品だけ付けていいって言われたら…何にする?」

……コレ、けっこう悩みます。ちなみに今も悩んでます。笑

ホントにゴハンが美味しければ、何もいらない(ちなみにそのお店のゴハンも
1杯目は何もナシで、ゴハンだけでいただきました)んだけど、
そんな美味しいゴハンに1品だけ付けても良いと…。

その夜は、さんざん悩んだ挙げ句、

(1)たまごかけごはん
(2)焼き肉のタレの染み込んだワリバシ
(3)味ぽんの染み込んだワリバシ

の3つを絞り出して、終電時間&お店の終わり時間のため解散〜帰宅。

(1)は、美味しいゴハンに失礼だと思いつつも(さらさらっと食べちゃえるからね)
烏骨鶏とか、いわゆる超高級かつ超貴重なタマゴなら良いかな、と。

(2)(3)は…
東京に上京して来て、とあるイベント会社に入って、お金も食べるモノもなかった時代、
実家から送ってもらった焼き肉のタレや味ぽんの瓶のクチを開けて、ワリバシ1本
差し込んで(ちょうど1本だけ入るようなサイズの穴があるんです、コレがまた。)
そのまま冷蔵庫に入れておいて、給料日前の4〜5日は、それと白米
(もちろんこの米も実家から送ってもらったもの)でなんとかかんとか生き存えた…
その時の体験からですね、きっと。
その割り箸で食べるゴハンが間違いなく美味しかったんです。

「ひとつに絞れって言ってんだっつーの!」とツッコまれつつ、
時間切れにより、舞台監督さんがこのクエスチョンの真意を教えてくれました。

まずこの質問で、例えば最近食べたような美味しいモノを挙げるヤツは信用できないそうな。
西麻布の○○って店のキャビアかなー、みたいな。
うん、確かに。

ちゃんと「死ぬ前にクチにする一品」と考え込むと、だいたいは自分の舌に残る
深ーい記憶の味を欲しがるハズなんだそうです。
うん、確かに。

奥様には申し訳ないが、やっぱり最後は母の味なんだなと思いました。
上で書いた、焼き肉のタレや味ぽんも、実家で使ってるヤツがいいんです。
(関西と関東で売ってるヤツは、同じ銘柄でも味が違うからね。)

たまごかけゴハンも、そう言われりゃそうだな。
子供の頃から好きな食べ方だからかも。(ウチのタマゴはフツーのタマゴでしたが。)

死ぬ前の最後のゴハンと一品。
ホントにそんな終末の瞬間がやって来たら、ゴハンの事なんて考える程の
余裕があるのかどうかはさておいて、こーゆー話題を呑みの席で出してくる
この舞台監督さんはやっぱり一味違うな、と妙に感心した夜でした。

さぁ、それでは皆さん、ご自分でもその“一品”を考えて頂きつつ、
ご家庭の食卓や、ご友人とのお食事・呑み会の席でこの話題をさりげなく出して
信用出来る相手とそうでない相手をふるいにかけてみましょー!笑

c0188353_2037264.jpg


次回はもうひとつ、その“食べ物”にまつわるお話をお送りいたしまーす。
今夜はこのへんで。See you next week !! Bye !!

---

P.S.

ひとつ前の日記に非公開でコメントくださった方…誰なの?誰なのよーう??
気になるんですけどーー!!!(コワくて消したけど…チキンなモノで…)
[PR]

by wamhouse | 2009-11-21 20:37 | 記 : diary

眠くな…る……よ………nzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz………
c0188353_21212975.jpg

[PR]

by wamhouse | 2009-11-16 21:22 | 記 : diary


おもしろ〜〜〜い!

ちゃんと『サザエさん』だー!

観月ありさのサザエさんも
竹下景子のフネさんも
鶴太郎の波平さんも
タマも(カワイイ)

セットも時代背景もしっかり創り込まれていて
テンポ感の良さもアニメそのままに

筒井道隆のマスオさんに一瞬「?」と思っても
いつのまにかマスオさんに観えて来るシマツ。

カツオくんもワカメちゃんもタラちゃんも良いコたちで

BGMはもちろんSE(フスマ開ける音やら玄関開ける音なんかも)
全部アニメそのまんま!

いやー、お茶の間で観るテレビってこんな感じのがいいね。


この時代…という事は、二十世紀少年のケンジとカツオくんは
ほぼ同い年なんだな。ちょっと不思議。
そして彼らが大きくなって、ケンジは世界を救うために立ち上がり、
あのCMに繋がっていくと…。
[PR]

by wamhouse | 2009-11-15 20:05 | 観 : movie