アニメ監督、今敏さんがお亡くなりになられました。

「パーフェクト・ブルー」「東京ゴッドファーザーズ」「千年女優」「パプリカ」
今監督の作品はどれも大好きです。

46歳の若さで逝ってしまわれた。残念です。



「別に長生きしなくたっていい」

昔から常々言い続けています。
別に「長生きしたくない」のではなく
ただ「長生きしなくたっていい」んです。

今の自分に、年老いてから何ができるのか全く想像できません。
今できる事しか想像できない、想像力のない人間です。

だから、可能なら、老後に残された時間があるとして
その時間を今日、明日、前借りさせてもらえるなら
させて欲しい。

それくらい「太く短く生きたい」だけなんです。

ただ死ぬ時に、できるだけ悔いなく死にたいだけなのかもしれません。
悔いのない死に方なんて、できるわけないんですけど。

歳を重ねるにつれ、大切な家族、親族、友人、知人と
永遠の別れをする機会も増えてきます。
その度、自分の歩みは少し止まります。

生きるって何だ。
死ぬって何だ。

自分には妻もいて、子供のように大切にしている愛犬がいて、
もうすぐ子供も産まれてくる。
やりかけ仕事もあって、やりたい事も、やらなきゃいけない事もたくさんある。
今この瞬間に死ぬ、となると、自分以外の人たちへの
影響やご迷惑ばかりが先に立ってしまいがちですが…
ホントのところ、僕の心臓が止まっても、世界が止まる事はないでしょう。

生きるって何だ。
死ぬって何だ。

考えると何もできなくなるけど、考えなくていいような事じゃない。

不謹慎かもしれないが、人の死に目に遭ってしまったその時だけは
立ち止まって考える時間をもらえます。



今監督は遺書を残されました。
文章としては少し長く、人生を振り返るにはあまりにも短い文章。

連日の徹夜作業にヘトヘトな僕は、仮眠を取るために布団に入り、
眠りにつくまでのほんの少しの時間、ケータイでその遺書を読みました。

泣きました。

悲しさや 感動や 他にも色んな気持ちがごちゃまぜになって
とてもとても、泣きました。

今監督とは別に面識があるワケでもなく
失礼ながら特に大ファンというワケでもなく
ただ、好きなアニメ監督の中のひとりだったわけですが

その突然の訃報と
その若さでの死と
死ぬ間際に書き綴られたであろう遺書が
そのまま眠る事を許しませんでした。

今監督は、前向きに倒れました。
前のめりに生きられました。

そして 真っ向から 死 と向き合われました。

きっと足元にも及ばないでしょうが
僕の気持ちのレールの先に
今監督がいらっしゃるような気持ちになりました。

この遺書を読んで
「別に長生きしなくたっていい」
という言葉は二度と口にしない、と誓います。

別に想いは変わりません。

人が一生に使えるエネルギーの上限が決まっているとして
そのエネルギーを
効率的に使って長生きするよりは
非効率的でもいいから、瞬発力に換えて生きたい。

僕は、最後まで僕らしく生きたい。
今監督のように。



今監督。

お会いした事もない僕が、このような気持ちを文章として残す事をお許しください。
畑は違えど、そしてレベルは全然違えど
同じ“モノを創り続ける事を生業に選んだ人間”として
最後のお言葉に、たくさんの学びと、自身への反省の機会をいただきました。

奥様やご両親、恩人、知人の皆様への心残りは尽きないと思いますが
今監督の作品は、その方々だけでなく、私たちファンの中でずっと生き続けます。

本当にありがとうございました。


心よりご冥福をお祈りいたします。



KON'S NOTE 2010年8月25日(水曜日) さようなら

(念のため別記事より)
[PR]

by wamhouse | 2010-08-26 04:28 | 想 : column

34歳になりました。

僕の誕生日なんて忘れてもいいから、
65年前の今日、とてもとても悲しい出来事があった事は
絶対に忘れないでほしい。

連日続く夏日。
昼間はアスファルトが灼けるように暑いので行く事ができない
愛犬ノノのお散歩。

ノノと、奥様と、そしてあたらしく生まれて来るもうひとつの生命と
少し涼しい夜の散歩をしながら、誕生日の瞬間を迎えました。

当たり前な日常が、実はとても儚く、
そしてとても幸せである事を
ふと確認できる日。

この日に生まれてよかった。

お父さん、お母さんに感謝です。
[PR]

by wamhouse | 2010-08-06 00:15 | 記 : diary

(追記)
コレは良いニュースですから!
知人から「悪いニュースかと思ってドキドキした!」というご指摘を受けました。
「バンサーイ!」ってなるくらい、良いニュースです。
ではどうぞ!



僕は3人兄弟の長男です。

真ん中の弟にはすでに3人の子供がいて、
僕なんかよりよっぽど父親やっています。

今日はそっちの弟ではなく、
一番下の弟の話。

彼は小さな頃からアトピー体質で、とても大変だったのを憶えています。
大好きな鶏肉もアレルギーで食べる事ができなくて、ウチの食卓に
鶏の唐揚げが上がる事はほとんどありませんでした。

3兄弟全員、3歳からスイミングを習い始め、一緒に通っていました。
そのスイミングから引き続き、中学でも水泳部に入って一番長く
泳ぎ続けたのは彼でした。

ウチはその昔、京都に家があったワケですが、
僕が高校3年生の春、滋賀県に家を建て、引っ越す事になりました。
当時の彼はまだ中学生。
真ん中の弟も僕も高校生だったので、難なく電車で通えたのですが
公立の中学に通う彼は、もちろん“転校”。

兄弟の中で唯一“転校”を経験したのは彼ひとりです。
経験した事のない僕にすれば、もう想像を絶する恐怖。
知らない土地に知らないクラスメイト。
言葉も微妙に違えば、ルールも違うわけでしょ?

…そりゃあ、ちょっとグレもするわな。笑

けっこう真面目っコだった3兄弟の中で、唯一
ちょっとグレたのも彼。まぁ今思うとカワイイもんです。笑
親はやっぱり悩んでましたけどね。
つかみ合いのケンカをしたのもこの頃ですね。

長男である僕がけっこういじめっコだったので
弟2人はきっと窮屈な幼少時代を送ったのではないかな、と
今さらながら反省しています。

大学を出てすぐ、家を出た僕は、年に数回しか帰省しなくなりました。
(今やその年に数回すら帰省できない親不孝者なワケですが)

真ん中の弟は大阪の大学に通う事になったので、
大学に入ってすぐ家を出ました。

必然的に実家には彼が残る事になりました。

年老いていく祖母。父と母。
一緒にいてくれたのは彼でした。

滋賀県に引っ越すちょっと前に、ウチにやって来た愛犬:ポニー。
成犬でウチにやってきたポニーの最後を看取って、
誰より悲しんでくれたのも彼でした。

彼はいつしかギターをはじめました。

僕は大学時代、大学祭の実行委員になり、全ての企画を統括する立場で
2年目の音楽ライブ部門の手伝いを彼にお願いしました。
毎日家の部屋から漏れて聞こえてくる、ただ雑音にしか聞こなかったはずの
彼のギターサウンドは、手伝いをやりながら出演してくれたそのライブで、
会場をおおいに盛り上げてくれました。
僕が彼をミュージシャンとして一目置くようになったのはこの時から。

それからは、大学の行事で音響をお願いしたり、
真ん中の弟の結婚式では僕と彼2人で一緒に歌ったり。
昨年の夏、僕の結婚式でも音響をやってくれました。

思えば、あまり仲良くなかった僕ら3兄弟が
協力して一緒に何かをやったのは、真ん中の弟の結婚式だったように思います。
まぁそれでもその時、真ん中の弟は新郎として大忙しなワケで。
それの進化版が、僕の結婚式ですね。
僕自身イベント屋なもんで、会場装飾から演出まで全て自分でやりました。
新郎やりながらスタッフも兼ねるワケです。

それを最前線で手伝ってくれたのが、我が2人の弟たち。

演出家の長男。庭師の二男。音響の三男。
父はひとつの会社に40年勤め上げた生粋のサラリーマンなのに
なぜか息子たちはクリエイターになりました。笑

そのクリエイターたちが結集してやったのがその結婚式。
我ながら、他には決して真似のできない結婚式ができたと自負しております。
それはもちろん弟たちと家族、そして友人みんなが協力してくれたから。
しかも一番下の弟の彼女まで手伝いに来てくれました。

しっかりしたとてもいいコで「いい彼女みつけたなぁ」と
兄としてもうれしく思いました。

今も京都の音響会社で働く彼。
家はさすがに実家ではなく、京都でひとり暮らしをしているようですが
実家に近いので、ちょくちょく帰ってくれているようです。
僕以外の2人はとても家族思いで、ただただ頭が下がります…。
僕が東京でやっていけるのも、彼らがいてくれるからですね。感謝。



そんなウチの弟が、いよいよ結婚する事になりました!



いやー長い前フリでしたね。すみません。
少しでも彼の事を知ってもらおうと思いまして。

彼なら何の心配もなく、彼女と良い家庭をつくる事でしょう。
だから「お幸せに」とか「がんばれよ」って言葉すらいらないように思うんです。
大きなお世話というか。

彼は彼のまま、ブレずにいればそれでええんとちゃうかな。

結婚式は来年の5月予定らしいですが、精一杯“お祝い”というかたちで
今までの恩返しをしようと思います。もう仕事なんてそっちのけです。笑

今まで彼が得て来た経験値さえあれば、何も心配ないですね。
とにかく心から祝福します!

真之、ふでちゃん、おめでとう!
[PR]

by wamhouse | 2010-08-01 14:13 | 記 : diary