3ヶ月半にも及ぶロングツアー
中川翔子「今こそ団結!〜笑顔の輪〜」、最終公演を
「夏祭りスペシャル」として、NHKホール2デイズをもって
無事に千秋楽を迎える事ができました!

みんなオツカレサマ!&ありがとう!!

企画と演出を考え出したのは昨年9月中頃だから、
結果的に1年近くかかってようやく終わりました。。。
震災やら何やらでとても大変なツアーでした。

今回は色んなチャレンジをやりましたが
とてもご好評をいただけて、ひとまず成功って事で
良いのかな?と胸を撫で下ろしております。

今回は演出の他に、音楽監督、映像、その他諸々やってまして
ラプンツェルメドレー(「Tangled」というタイトルです)では
美術監督 兼 美術(大道具/小道具)製作もぜんぶやりました。
ココだけはこだわりたかったんです!
古本を選んだり、パレットを創ったり、実はけっこう好きなんで。
時間があったら小道具の写真もそのうちアップします。
(いつになることやら…)

「あのランタンの演出はどうやって思いついたの?」
興奮冷め止まぬ楽屋でしょこたんが訊いて来ました。

降りて来たんです。これが見事に。
キッカケとかあんまり覚えてません。

あの演出だけじゃなく、セットリストも今回は2時間くらいで
するするっと出て来ました。
トークコーナーもずっとやりたくて、できて良かったです。

京都出身の僕の「おまつり」といえば=『祇園祭』。
アレって、観に行くおまつりなんです。
僕は祇園町に友達が住んでいたので、鉾を曳いた事ありますが
基本的には観てるだけでしょ?
でも、まつりの基本は「参加型」である事なんです。
神輿を担いだり、盆踊りを踊ったり、夜店で遊んだり。
トマト投げ合ったり、転がるチーズ追っかけたりも。笑

「夏祭りにしよう」と決まった時から、
今回はお客さんと一緒に創るライブをめざしました。

それがあのランタン演出や、オープニングのサンバ、
みんなからの質問に答えるトークコーナー、
CAT Lifeの盆踊りにつながりました。

中川翔子のパフォーマンスを「観せて/魅せる」パートと
中川翔子と一緒にライブを「創って/楽しむ」パートを
織り交ぜた、バラエティある感じにしたかったんです。

お祭り行くとなんかごちゃごちゃしてて
雰囲気だけでテンションがアガるでしょ?
あの感じ。

結局リハーサルも全然できなくて、
完成図がちゃんとアタマに思い描けてるのは
僕だけだったのかも知れません。
だとしたら、それは僕の仕切り不足。まだまだですね…。

でもプロフェッショナルな皆様は、そのムチャブリに
バッチリと答えてくれました。

本当に感謝です。

中川翔子は、震災を経験しながら歩き出した4月、
「強くなりたい」
と願いました。

3ヶ月の旅、全国の皆さんの笑顔に支えられ、
仙台の地で歌い、夏祭りの舞台に立った彼女は
「強くなった私を観て!」
と叫びました。

彼女はもっと成長できるのびしろを持っていると
僕は思っています。
これからはいかに彼女自身が成長を望むかが大事だと思います。
きっと彼女は「貪欲に」成長するんでしょうね!

今回のツアー、たくさんの方々にお世話になりましたが
僕を演出として起用してくれた市川さん、
コレオグラファーとして一緒に創ってくれたなっちゃん、
この2人には特に感謝。

今日は1日ゆっくり休んで、
明日からはまた新しい1歩目を踏み出します。

関わってくれたすべての人に!
会場に足を運んでくれたすべての人に!
ありがとうございました!!!
c0188353_17242110.jpg

(イマジョーさんブログから無断で拝借!ごめん!)
[PR]

by wamhouse | 2011-08-07 17:24 | 創 : work