1ヶ月以上放置してすみませんでしたー!!
ちゃんと生きてますよー!!


しようこちゃんもしょこたんぶろぐにアップしましたが…


…おっとっと。
★これから『中川翔子 プリズムツアー2010』にお越しになる皆様へ!


以下、ちょびっとだけ演出ネタバレ的な内容なので(詳しくはまだ書きませんが!)
「完全にゼロ情報でライブを楽しみたーい!」
って方は、ここまで!

予備知識ナシでも絶対楽しめるので、是非会場で楽しんでくださいまし!!!









…ハイ。

ココに残っているアナタは、ちょっぴりネタバレはダイジョウブな人ですね?






さて。

しようこちゃんもしょこたんぶろぐにアップしましたが…


4/1の埼玉:三郷を皮切りに始まりました!
中川翔子コンサートツアー『Prism Tour 2010』!!!
映像係:ナカムです。


今回、チーフマネージャー:市川氏より与えられたテーマは
『映像を軸にしたコンサート』。


3/10に発売したアニソンカバーアルバム
『しょこたん☆かばー3~アニソンは人類をつなぐ~』
をひっさげてのコンサートツアー。

アルバムのジャケットにもなっていますが、今回なんと、
『涼宮ハルヒ』や『灼眼のシャナ』で有名な!あの!!

いとうのいぢ先生

が、今回のツアーのためにオリジナルキャラクターを描き下ろしてくれました!
(これだけですでにすげぇ…しょこたんすげぇ……)



オリジナルキャラクターがいて、流れる曲たちはアニソン…。



こりゃぁ…オリジナルアニメを創るしかないでしょう!!!!!!!!!!



というワケで
「コンサートのオープニングはオリジナルアニメーションで!」
と提案。

提案したはいいが
市川氏「ナカム、ホントに出来んの??」
とすげー心配されました。
そりゃそうでしょうね…なんせアニメ創るのなんてハジメテですから。(どーん)


そんな初心者★ナカムが助けを求めた先は→
『蟲師』『デトロイト・メタル・シティ』『少女革命ウテナ』等々で有名な

巨匠★長濵博史氏!!!

蟲師のイベントでご一緒してから仲良くして頂いております。


『しょこたんのライブで流すアニメ』
…超多忙な巨匠に、このような内容のお仕事を
お願いできるモノなのか?(スケジュール的にも予算的にも)
(お願いできるのなら)どこまでやってもらえるモノなのか??
…ダメもとで相談してみました。


結果。

「カズアキのお願いなら断るワケないじゃん!」

…なんて心強く、優しいお言葉!!!感涙!!!


ただし条件が。
● コンサート全体が見えているカズアキが監督をやる事
● 撮影以降はカズアキがやる事
(※正しくは自分から「やりたい!」ってお願いしました。
 後述のアニメ制作会社は撮影部を持っていないので。)

かかかかかかかか……監督ですとーーーーーーー!!!!!???

はははははははは……初監督なんですけどーーーーーーーーーーー!!!!


長濱監督には、今回監督ではなく絵コンテ+演出をお願いする事に。
そしてその長濱氏が、アニメーション制作会社をご紹介して下さいました。

「カズアキが良ければだけど…制作はサンライズでどう?」


ササササササササ……サンライズですとーーーーーーーーーー!!!!???

ガンダムですよ!銀魂ですよ!犬夜叉ですよ!シティハンターですよ!ケロロ軍曹ですよ!

サンライズ様→キタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━ !!!!!



ツアーパンフには一部しか載せられなかったので
今回の『Prism Tour 2010』のオープニングアニメーションに
関わって下さった皆々様をコチラで紹介させてください!!
(敬称略でスミマセン!)


●監督・構成・脚本
 中村和明(ワムハウス)…僕なんかですみません。

●絵コンテ・演出
 長濱博史

●キャラクターデザイン(ジュエルちゃん)
 いとうのいぢ

●アニメーションデザイン・作画監督
 鈴木竜也

●原画
 重田敦司
 鈴木卓也
 鈴木竜也

●動画検査
 佐藤可奈子

●動画
 渡辺恵子
 橋本かおり
 増子裕美
 竹之内節子
 加瀬幸治
 白川茉莉
 土屋春来
 吉田夢美
 酒井愛弥
 梶谷睦子
 加来由加里
 斉藤ゆか
 倉本和希
 首藤志保里
 Chung Sengpil
 下田沙希
 三輪えり子
 佐藤可奈子
 MSJ武蔵野製作所

●色彩設計・色指定
 梅崎ひろこ
       
●仕上げ
 飯島弘志
 梅崎ひろこ
 アルテミス
 ロケットビジョン
 スタジオエル
 MSJ武蔵野製作所

●撮影・CG・編集
 中村和明(ワムハウス)…ホントすみません。

●オープニングアニメーション制作
 サンライズ
 ワムハウス

●制作担当
 池上創太
 橋本能理子

●オープニング テーマソング作曲
 今井隼


…アニメーションに詳しい方は(僕以外の)この蒼々たる面々を見てお気づきでしょう。

そう!すごいんです!!!ものすごいメンバーなんです!!!
長濱博史氏だけでもすごいのに…なんだこのメンバー!!!!

おひとりずつ詳しくご紹介したいところなのですが…
本2冊分くらいになりそうなので、出版のお話がくるまで大事にとっておきます。笑

そりゃもう、しようこちゃんも制作段階から大興奮でした!


そして…
「僕が指定するBPM(テンポ)と小節数、尺、アレンジの雰囲気を守りつつ、
アニメーションに合いつつ、そしてコンサートのオープニングを飾るような曲」という
失礼かつ鬼のような注文にも、イヤな顔ひとつせず笑顔でオープニング楽曲制作を
引き受けて下さったのは…
(しかも、コンサート本編のリハーサル/楽曲制作期間の真っ最中に…苦笑)

プリズムツアーのマニュピレーター&キーボーディスト!

GIZAビリジアン★イマイジュン氏!

ホントありがとうございました!!
あの曲が、このアニメ作品に命を吹き込んでくれました!


初監督作品なのに、このようなスバラシイ(きっと常識的にはアリエナイ)
スタッフの皆々様に恵まれて…ものすごいラッキーでした。
一生分の運をココで使い果たした感じ。(本望デスっ!)

もちろん。

このようなスタッフが集まったのも(僕も含めて)
しようこちゃんの人柄があってこそ。

「しょこたんとの仕事なら是非やってみたい!」
そんな想いで集まった結果がこのスタッフ、この作品なんです。

「中川翔子」が中心にいたからこそ、このような作品ができたと思います。

ステージセットの世界観とアニメの世界観がリンクしていたり、
このオープニングの後に登場するしようこちゃん本人とリンクしていたり、
コンサート本編もこのアニメの世界観/ストーリーとリンクしていたり、と
コンサート映像ならでは!の演出もふんだんに散りばめてあったり、

アニメ初挑戦な僕だからこそ(?)できる、通常のアニメーション制作では
ありえない手法(それが正しいかどうかは置いといて…)での
エフェクトや演出満載!

あとね…ナイショだけど…実は全会場:毎回少しずつ内容が違うのだ!
というワケで全14回=14パターンのオープニングアニメがあります!(どーん!)

今回紹介したアニメ制作チームはもちろん
コンサート制作チーム、衣装、ヘアメイク、バンド:ギザレンジャーのみんな、
その他この『Prism Tour』に少しでも関係するたくさんのみんなと
キッカケをくれた市川さん@ワタナベエンターテインメント様
そして
しようこちゃん
…誰かひとりでも欠けたら出来ない作品だったと思います。


「コンサートを1度観に来た人が、何度でも観に来たくなるような演出にしたいね」
…制作段階でしようこちゃんとよく話しました。
僕は実現出来たんじゃないかな、と思っています。


このアニメが、
素晴らしいステージセットに組み込まれた大画面&超高精細なLEDで!
コンサートが今から始まるぞ!っていう緊張感&期待感の中で!
たくさんのファンと一緒に観る事ができる!!

そして、このオープニングに負けない演出で
しょこたんが貪欲に!怒濤に!!ドドドドドに!!天元突破しまくる!!!!
こんなすごいライブが体験できるのは『Prism Tour 2010』だけ!!!


制作中の逸話や、各シーンそれぞれに裏話満載なのですが…
本4冊分くらいになりそうなので出版のお話がくるまで大事にとっておきます。笑


次回は(いつ書く事やら…)
『踊るジュエルちゃんが出来るまで!』です!笑
[PR]

by wamhouse | 2010-04-10 23:26 | 創 : work



「タッチ」
「ハイスクール奇面組」
「蟲師」
「家庭教師ヒットマンREBORN!」
「ガンスリンガーガール」
「HUNTER X HUNTER」
プロデューサーとして数々の良質なアニメを歴史に刻み

デビュー前のSMAPを主演に抜擢した「聖闘士星矢 ミュージカル」
今やイケメンの登竜門「テニスの王子様 ミュージカル」などで
新しい舞台・ミュージカルの在り方を定義し、成功をおさめ
今もその業界を牽引する大プロデューサー:片岡義朗氏。

その片岡氏が、今年1月ドワンゴへ。

ドワンゴと言えばニコ動。

ニコ動×ミュージカル!?

=『ニコミュ』(←わかりやすくていいんじゃないっすか?byひろゆき)

今まで見た事のない、新しい時代のミュージカルの幕開けである。
[PR]

by wamhouse | 2010-02-25 01:31 | 創 : work

「テレビで観たよ!」というお便りを戴いておりましたね。
そういえばブログに載せるの忘れてた!

「海の地球〜ほし〜」と題して、現在お台場にて
“噴水×映像×音楽”のショーが開催中。
c0188353_12214183.jpg

ナカムは脚本&音創りで参加。
(あと企画書以外でドコにも使われていない↑ロゴデザインも。苦笑)

地球の誕生から現在に至るまでの生命の奇跡と軌跡を
映像と音楽と言葉で構成しました。

大枠のテーマやストーリーの流れは僕んトコに話が来た時点で
すでに存在していたので、話はするするっと書けましたね。


大型ポンプで吸い込んだ海水を特殊ノズルで扇形に噴出して造りだす
ウォータースクリーン(幅40m×高さ15m)。
そのスクリーンに映像を映し出します。

流れる音楽に合わせて高さ30メートルまで噴き上がる10本の噴水と
ウォータースクリーンに映し出される映像を見る事ができます。


場所   : お台場海浜公園(AQUA CITYの真ん前です)
点灯期間 :2009年12月21日(月)〜2010年1月11日(月)
点灯時間 :17:00〜17:15、18:00〜18:15、19:00〜19:15、20:00〜20:15
※開催時間は15分間

こちらのブログに美しい写真が載っています。(撮るのうまいなぁ)
MIRACLE PHOTOS その1
MIRACLE PHOTOS その2

海辺でクソ寒いので、観に行く時はどうか温かい格好で!!

虹色に染まるレインボーブリッジと、その向こうに見える東京摩天楼の夜景を背景に
幻想的な光と水のショーをお楽しみくださいませ。

風が止んでいるとホントにキレイですから!

<追記>
このブログのヘビーウォッチャー★tsujigamiさんから
「どこから観れば一番キレイに見える?」というご質問をいただきましたので
地図を載せておきます。
c0188353_1219379.jpg

一番は海沿いの遊歩道。左右どちらからでも入れますが
街灯の少ない暗い夜道になっているので、女性だけでは行かないように。
あとは台場駅から直結しているデッキを「自由の女神像」目指して海方向に
歩いて行った先端から見えるハズ。

何度も言うように“とても寒い”ですから。
温かい格好は基本ですよ。
[PR]

by wamhouse | 2010-01-06 13:31 | 創 : work

しょこたんに続き、もうひとつお仕事関連の話題。

今や「龍馬伝」で超話題の人!男のボクから見てもやっぱりイケメンでした!
福山雅治 WE'RE BROS. TOUR 2009 道標
WOWOWにて1/16(土)18:50〜 ON AIRでござい。

昨年デビュー20年目を迎え、それを記念した全国ツアー。
6月20日にスタートし、全12箇所36公演、
8月29日・30日に開催された稲佐山での「福山☆夏の大創業祭」を挟んで
9月27日までのロングランツアーでした。

こちらも凡才ナカムは映像を担当。

特にお気に入り かつ こだわって映像を創った「最愛」。

福山さんの仕事が来る直前に「容疑者Xの献身」を観たところでした。
とても悲しく、救いのなかったあの作品を
なんとかこのライブの演出で救ってあげたくて。
そんな想い入れもあり、大好きな名曲でもあるので、映像には特にこだわりました。

そんな「最愛」を含め、セットリストは超ベスト選曲!!
誰もが聴いた事ある名曲ぞろいですぜ!
[PR]

by wamhouse | 2010-01-05 17:39 | 創 : work

中川翔子 超貪欲まつり in 日本武道館 「空色デイズ」

天才監督☆池ちゃんが天才的な編集をしてくれました。
ライブの興奮が伝わるね。さすが天才。てーんさい♪てーんさい♪

昨年10/24に日本武道館で行われたしょこたんのライブ。
僕は凡才ですが映像を担当させていただきまんた。

ホント、このDVD(Blu-ray)は見て欲しい。
テレビタレントとしての“しょこたん”しか知らないって人ほど!
彼女、こんなライブもできるんです!

DVDは1月20日発売でござい。(Blu-rayは2月10日です。)
[PR]

by wamhouse | 2010-01-05 16:49 | 創 : work

今年はじめて創ったモノが“年賀状”。
まぁだいたい毎年そうなんだけど。

誰にも送っておりませんので、関係者 及び 知人・友人の皆々様には
順次発送いたします。

c0188353_1672834.jpg



<追記>

年始早々忙しく(言い訳)
住所書くのにも手間取って(言い訳)
戴いた年賀状にお返しするというカタチを取りました。
ゴメンナサイ!
[PR]

by wamhouse | 2010-01-01 16:13 | 創 : work

えー先程33歳になりましたナカムラです。
0時ピッタリに田宮クンというお友達が超テンションの高い
オメデトウ電話をくれました。
いくつになってもオメデトウと言われると嬉しいもんです。

そんな誕生日にひとつニュースが。

ワムハウスとして、すでにアクセサリー・雑貨ブランドの
『elfishbell』が立ち上がっておりますが、
本日、2009年8月6日に
アパレルブランド『8ACHI 6OCKS !!』を新たに立ち上げます!

アパレルと言っても、手始めにTシャツ&キャップ等の
お手軽に手に取って頂けるようなモノからの発表となります。

……。


ん?


え?そんだけかって?

HPのアドレスやら、ロゴやら、キャラクターやら、商品画像やらはって?

…ハイ、忙しすぎて今日この日に間に合いませんでしたー!笑

ぶっちゃけ80%出来なので、ぼちぼちとお見せできていくと思うのですが、
何せ明後日の結婚式準備が大変で…ユルシテクダサイm(_ _)m

あ、ちなみに

ハチロックス!!

と読みます。

どうしても8月6日に立ち上げたかったので、発表だけですが
やっちゃいました!

『elfishbell』と共に、ちょっとイイモノ ごあんないしますね!

乞うご期待!



さー今から車で滋賀県に移動だ!
[PR]

by wamhouse | 2009-08-06 00:22 | 創 : work

長崎から単身上京し、デビューして今年で20年。
歌手として、また俳優として大活躍…知らない人はもう
いないんじゃないでしょうか→福山雅治アニキ。

女性はモチロン、男性の僕から見たってイケメン&イイオトコ!

僕も中学・高校の頃は良く聴いたモンです。
「Good night」「MELODY」「IT'S ONLY LOVE」…。

また、ボクら世代なら“ちいにいちゃん”ですな。

歌も歌えて、演技もできて、しゃべりも上手で、イケメンで…。
神様はたまにこういうイタズラをされるわけですね。

先日チョロっと日記に書いた「ガリレオ」の記事…何の前フリかと言うと、
ワタクシ、今、絶賛全国行脚中の福山雅治コンサートツアー『道標』の
映像を担当しておりまして。

というワケで。
静岡、新潟と行けなくて、ようやく本日行われた埼玉スーパーアリーナ2日目を
見に行ってまいりました。
(自分の目で本番をちゃんと観るまでは記事にでいない!…と思ってたら、
 ツアースタートからけっこう時間が経っちゃいました…。)
c0188353_2320362.jpg

※↑僕のじゃなくて、一緒に連れて行ったイベントプロデューサー:t-p氏の
 ブログから拝借。(自分のはもう紛失。)

埼玉スーパーアリーナ→言うまでもなく超満員!!
バンドでもなく、アイドルグループでもない、たったひとりのアーティストが
これだけの人を魅了し集客する…福山雅治というアーティストの力はホンモノです。

今回はデビュー20周年の特別なツアーという事もあり、ご本人も演出家も
かなりリキが入っておりまして。
ツアーがはじまるまでの制作は、そりゃもう大変で…実はまだまだ大変なのですが(泣)
それもこれも全ては、がんばってチケットを取って、コンサートに足を運んで下さる
ファンの皆様のため!スタッフ全員一丸となり頑張っておりますよー!

今回のツアーのセットリスト(演奏する曲)も→とってもイイんス!
6/30に発売したばかりのニューアルバム『残響』からの曲はモチロン、
懐かしいあんな曲やこんな曲も…!

コンサートツアーって、初日までにリハーサル等を重ねて、だいたい完成した上で
初日を迎えて、あとは回を重ねながらちょこっと微修正…
だからいつ観に行ってもだいたい一緒なんでしょ〜、とか、
最終日が一番完成形に決まってるじゃない!…なーんて思ってるそこのアナタ!
…そうじゃないコンサートツアーだってあるんですよ〜。

運良く2回以上観に行くチャンスがある方は乞うご期待!
また違ったライヴが観られる…ハズ!!

この夏、まだまだツアーは続きます。
内容も、少しでも良いライヴにするためにどんどん変化します。

これから行く人はオタノシミニ!
もう行っちゃった人、そして行きたくても行けなかった残念な人、
これから発売するチケット→万が一取れなかった人、
更には、別に興味なかったけど、この記事読んで「あー久々に福山聴きたいなー」なんて
思った人に…朗報!

昨日〜本日と埼玉スーパーアリーナで行われたライブには収録が入っておりまして、
WOWOWでオンエアされまっす!
…とはいえ、まだオンエア日は決まってないので、くわしくはオフィシャルHP
チェックしてみてくださいな。(僕も詳しくは知らないので…汗)

また、8/30@長崎で行われる野外ライヴの模様は、同じくWOWOWで生放送!
コレは僕も楽しみッス!


今回のツアーのセットリストには僕の好きな曲がたくさんあって、
今回のアルバムも良い曲ばかりで、自分がその曲の映像を創らせてもらえるなんて
ホントにありがたいお話で、お声がけ頂いた吉田さんには感謝感謝でございます。

来週は横浜アリーナ!
ツアースタッフの皆様はそろそろ疲れが出てくる頃…体調管理に気をつけて
がんばってください!
もちろん福山さんも!40歳には見えない元気っぷりで心配無用な感じですが…笑
ガンバレ!アニキ!!

映像クリエイターチームも、最後まで気を抜かず(気は抜けず…?)頑張りま〜っす!


P.S.
徳島、福岡、宮城公演の一般チケット発売日はまだなので、
まだまだ観に行くチャンスありですよー!
[PR]

by wamhouse | 2009-07-05 22:53 | 創 : work

以前書いた、とある企業の本製作。
4月末に入稿が終わって早1ヶ月。

…先程、出来たてホヤホヤが届きました!!
c0188353_13275199.jpg

※社外秘のため社名は伏せてあります。
 内容がご紹介できないのがクヤシイっ!
 笑いあり、涙ありで社外の人間でも読みごたえアリ!

我ながらかなり良い出来!大満足!!

「2008年、私が成し遂げた事」にまつわるエピソードを全社員に書いて頂き、
そのコメントを1冊にまとめたものなので…

●決してその「成し遂げた事」がゴールではなく、まだまだ先へ進む途中の
 “荒削り=Rough”な段階。
→クラフト系の表紙やnon上質紙で“Rough感”を演出。

●社員それぞれの成し遂げた事や想いはやっぱり“十人十色”。
→ページをカラーで分けるだけでなく(この色はこの企業の今年のキーカラー)
 ひとりひとりのコメントのフォントサイズやレイアウトやデザインも
 “全てバラバラ”に!

…とまぁ、他にもいっぱいいっぱいこだわって、一生懸命創りました。

原崎さん→お手元には来週届きますのでお楽しみに♪

色々な都合上、制作はたったひとり。
全256ページもあったので大変な作業でしたが、こうやって作品が
カタチになって上がってくると、そんな疲れもフッ飛びます。
(大変な作業だったというトラウマは残ります。)

いかに経済的な台割りにするか、いかに安くて面白い印刷効果が出来るか、
(高くてオモシロイ手法なんて誰でもできるでしょ?工夫が大切なんです!)
印刷〜製本をお願いした八紘社印刷さん、本当にありがとうございました!
ワガママな僕のお願いを嫌な顔ひとつせず…ん?…けっこう困った顔も…苦笑…
いやいや、とにかく前向きに努力して下さいました。
コレも「職人さん」との良い作品創りだったと思います。

全社員の皆さん、そして我々創り手の想いがいっぱい詰まった一冊。
手に取った社員の皆様に喜んで頂ければ幸いです。
[PR]

by wamhouse | 2009-06-05 13:35 | 創 : work

勝手にシリーズ化しました(笑)
「これが職人だ!」シリーズ。
ウチのブランドとコラボしたりして、一緒にモノを創って下さる職人さん達に
スポットを当てる事にします。(今 決めた。)
そんな今日は第4弾でございます。

ちなみに
第1弾 : 京の伝統工芸
第2弾 : 『KEITA MARUYAMA』
第3弾 : 『ichi』

です。コチラも是非読んでみてくださいまし。

さて、「江戸切子」ってご存知ですか?

「江戸切子(えどきりこ)」とは江戸末期に江戸で始まった
カットグラス工法のガラス工芸・細工。
伝統工芸に認定されているガラス工芸品・地域ブランドの一つ。
(Wikipediaより抜粋)

そんな東京の伝統工芸を守り続ける職人さんのところにお邪魔してきました!
c0188353_123745.jpg

江戸切子職人の熊倉憲二さん。
息子さんも跡を継いで、経理の奥様と3人で続けていらっしゃいます。
c0188353_1231969.jpg

特別に作業場も社会見学させて頂けました。
c0188353_1232950.jpg

色付きの硝子を回転する歯で削って模様を刻んでいくワケですが…
素材が透明じゃないので、硝子と歯の接点がほぼ見えない!
というコトは“感覚”だけで削っていくしかないんです。
…職人のすごい業を目の当たりにしました。

実は「江戸切子」を使った“とあるモノ”をオリジナルで創って頂くのです。

ご覧の通り、通常は「器」として使われるモノがほとんどです。
「お皿」とか「グラス」とかね。

そんな固定概念はちょっと置いといて、今回は「器」でないモノを
創って頂けるもんなのかを交渉しに行きました。
今日ハジメマシテでお会いしての交渉だったのですが…快く引き受けて下さいました!
ありがとうございます!

まだ詳細はお話できませんが(知ってるアナタはカキコまないで!)
完成品はまたコチラで→夏にはお見せできそうです!
イイモノができそうです♪

涼しげで和の情緒あふれる「江戸切子」。
もうすぐ夏ですねぇ。
[PR]

by wamhouse | 2009-06-04 23:59 | 創 : work